読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EX LOVEの日記

EX LOVEのわがまま日記

悩み苦しみ聞いてほしいとき占いカウンセリングを使おう

誰にもいえない悩み、苦しくて誰かに聞いてほしくても人には言えない悩みをお持ちの方、きっとたくさんいるんじゃないか?と思います。

 

身近な人に相談できない悩みがあったとき、利用されることが多いのが占いです。

ただ占いの場合、占いでこれから先どうなるのか、またどう行動していけばいいのかという鑑定をしてもらうことはできますが、占い師の先生にカウンセリングしてもらうということはできません。

 

でも今は、占いカウンセリングという占いとカウンセリングを組み合わせたサービスが行われています。

 

占いによって鑑定した内容を元に、その方の悩みを解消していく、というものです。

利用される方は多くなっていて、様々な悩みが寄せられているようです。

例えば人に言えない恋をしているとき。

 

友人にももちろん両親にも相談できませんよね。

 

別れたほうがいいとわかっていても、ずるずると関係が続くということもあります。

こういう状態のときには、心がかなり弱っていて傷ついているという方が殆どです。

占いによって出た鑑定結果から、占い師の先生がしっかり今後のアドバイスをしてくれたら・・・カウンセリングによって相手に依存する気持ちをうまくやわらげてくれたら、今の状況を何とか打開できそうな気がしてきますよね。

 

家庭のこと、会社のこと、人はいろいろな悩みを持っていると思いますが、多くの皆さんがそのはけ口を求めていながら、結局誰にも相談できず一人で悩んでいます。

家庭のことだからこそ、また仕事上の問題だからこそ、近しい人に相談できないってありますよね。

 

深刻な悩みほど、人には言えないものです。

占いカウンセリングなら、占いの鑑定とカウンセリングを同時に行うことができますので、問題解決への方向がしっかり見えてくると思います。

 

ビジネスでの悩み、プライベートでの悩みや問題、占いカウンセリングには様々な悩みが持ち込まれます。

 

占いカウンセリングを利用することで、心がすっかり安定したという意見も聞きます。

占いカウンセリングで利用される用語

占いカウンセリングでは占いでの用語、またカウンセリングでの用語が両方利用されますし、占いカウンセリングならではの用語もあります。

 

例えば、タロットリーディング。

 

これはマダム・レジーナ先生のところで行われているものですが、タロット占いとカウンセリングを組み合わせて行う手法です。

相談内容に応じ、睡眠セッションを一緒に行うこともあるようです。

 

睡眠セッションというのはこの場合、なぜそのタロットカードを選択したのか、ということを催眠術をかけて質問し、その答えから先生がその方の現在の気持ち、未来への対策などを読み取るというものです。

 

占いカウンセリングを行う際、マダム・レジーナは自己開運という言葉も使っています。

 

自己開運というのは自分の力で自分自身の人生を海運していくということです。

占いの鑑定結果で悪い結果が出ても、少しでもよくなる、幸せになれるようにいろいろなことを考えることができますし、注意をすることもできますよね。

占いの鑑定を心に、自分が幸せになる方向性を模索することができるということです。

 

占いでもし悪い結果が出ても、カウンセラーとしてその結果からどう動いていくべきか、その結果をどう捉え、この先に活かしていくかをアドバイスしてくれるのです。

ただこれから先しばらく運勢が悪い・・・という結果だけじゃなく、打開していく方法をカウンセリングでしっかり説明してくれるのですから、これはとても安心できると思います。

 

カウンセリングでよく利用されるシャーマニックはエリクソン催眠誘導法を利用した手法のことです。

 

前世、過去、未来と睡眠誘導法によってその方の深層心理を知り、占いの鑑定とあわせてトラウマや持っているこだわりを解消するというものです。

 

占いカウンセリングは様々な占い、カウンセリング方法の組み合わせによって行われます。

用語もやはり占い、カウンセリング双方から占いカウンセリングに活かされていますね。