読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EX LOVEの日記

EX LOVEのわがまま日記

初めてクレジットカードを作る方へ 欲しいカードの種類を決めましょう

マネー

クレジットカードを作る際には、まずご自身がどういったカードを希望しているのかを決めなくてはいけません。
ショップなどと提携しているカードを作り、そのお店をお得に利用したいなどといった場合であれば特に選択に迷う事はありませんが、単純に決済用に使いたいということであれば、どのブランド(Visa、JCB、Master)などの選択。

また年会費が無料なのか、それともいくらまでなら払えるのかといった項目も検討しなくてはいけないでしょう。

 カード申し込み条件の確認

欲しいカードが決まったら実際の申し込み手続きに入ります。

近年はネットで申し込めるところが大多数でしょうから、申し込みサイトを訪れ、クレジットカードを契約できる条件を確認します。

年齢が何歳以上、会社員であれば勤続年数が何年以上、自営業の方であれば収入を証明できる手段を用意できるかどうかなどの項目が上げられます。

もしこの段階でご自身の条件が、申し込み条件に合致しないのであれば、残念ながらカードの申し込み手続きについてはここまでとなります。

カードの申し込み

カードの申し込み条件に合致していることが確認できたら、実際の申し込み手続きの開始です。各カード会社によって入力させられる項目に多少の違いはあるでしょうが、おおよそは氏名、生年月日などの個人情報。代金決済用の金融機関名と口座番号。勤務先または学校などの情報。(これは本人確認を実施するために使用されます。)

最後に欲しいカードのデザインなどを選択。同時に画面上に表示されるカードの利用規約にも目を通し、問題がなければチェックをして申し込みボタンを押下します。

審査とクレジットカードの発行

入力項目に不備がなければクレジットカード会社での審査に移り、後日クレジットカード発行の可否が申込者に通知されます。

この時点で本人確認用の書類として写真付きの身分証明書などを求められることもあります。最近はスキャンしたものをネットにアップロードすることで大丈夫な場合も多いので、用意しておくと便利かもしれません。

その後なにも問題がなければ、郵便書留などで申し込んだクレジットカードが届きます。

クレジットカードを作る際に必要なもの

クレジットカードを作る際に必要なものは以下です。

代金決済用の銀行口座

クレジットカードで購入した物やサービスの代金を、毎月一定の日に引き落として決済するための口座です。クレジットカードを作るにあたり、既存の口座をそのまま利用するならば問題はありませんが、なんらかの理由で分けて管理したいなどの理由がある場合には、あらかじめ準備しておきましょう。

写真付き身分証明書

いたずら申し込み防止のための本人確認書類ですね。パソコンやスマホがあれば、デジタルスキャンしたもの、またはスマホのカメラで接写し鮮明に文字が読めるものならばそれで代用できる場合も多いようです。

ネット経由で送付できない場合は身分証明書のコピーを取り、クレジットカード会社の指示にしたがって郵送で対応することになります。

引き落とし口座開設時に用いた印鑑

申し込み書類を郵送で送るケースなどの場合は必要です。申し込むクレジットカードが銀行系のもので、オンライン申込時にパスワードなどで確認できる

場合には不要なこともあります。

保護者の同意書

だいたいのクレジットカードでは作れる年齢が20歳以上となっていることが多いですが、学生向けのカードの場合、未成年でも作れる場合があります。

申し込み条件をよく読み、必要であればご両親に依頼し、早めに準備をしておきましょう。

クレジットカードを作る方法

クレジットカードを作る方法としてはおおよそ「オンライン申し込み」「郵送申し込み」「店頭申し込み」の3つが上げられます。

オンライン申し込み

最近では一番メジャーな方法ですね。パソコンまたはスマートフォンから、クレジットカードを作るのに必要な事項をすべて入力。身分証明書もオンライン
送信。外出することもなく一番手軽な方法ですね。

郵送での申し込み

銀行やクレジットカード取扱店にいくとよく縦長のクレジットカードの申込用紙がおいてあるのを目にする機会もあるかと思います。あの用紙に必要事項を記入してポストに投函して申し込む方法です。

パソコンやスマホがなくても出来る方法なのでどなたでも使えますが、郵便という通信手段ゆえ発行までに時間がかかるのと、申し込み時点では内容のチェックが出来ないため、内容に不備があればさらに審査が遅延。

クレジットカードの利用開始も遅れることとなります。

店頭での申し込み

ショッピングモールなどでカードの申し込みカウンターを常設している場合や、店内仮設スペースにてカードの申し込み受付をやっているのをごらんになった事もあるかと思います。

手書きでの申し込みという点では郵送と同じですが、係の方が記入内容のアドバイスと内容チェックを行ってくれるので、記載ミスによる手戻りのリスクがありません。

umara-si.hatenablog.com

申込時のセキュリティ対策について

まずオンラインでクレジットカードの申し込みをする場合には、絶対に自分の管理下にあるパソコンで行う事。
またご自分のスマホでやる場合も公衆のWi-Fiなどは絶対に使用しないことですね。
クレジットカードの申し込みをする際には普段秘匿する個人情報を相当入力しなければなりません。

またカードキャッシングなどを一緒に申し込む際にはパスワードなども決めて入力することもあります。

こうしたことから、どこで情報を盗み取られるかわからないような場所での利用は絶対に避け、間違いなく安全と思える環境から申し込むべきです。

申し込み画面ではSSLという暗号化通信にきちんと対応しているかどうかを確認することも重要ですね。

虚偽申請について

クレジットカードの審査をなんとか通してもらおうと、偽りの情報で登録されようとする方が少なからずいるようです。これは重大な規約違反であり、発覚
すればカード没収以上のペナルティを受けることになるかもしれません。正しい情報を登録するように心がけましょう。

口座残高の確認について

クレジットカードの決済日に指定口座に必要な残高が残っていないと、決済ができずにクレジットカード会社から引き落とし不能だった旨の連絡が来ることにな

ります。これを数回繰り返すと業界団体で作る信用情報機関にあなたの信用情報が登録され、今後クレジットカードを新たに作ったり、ローンを組んだりすると
きにかなり不利になってしまいます。便利なクレジットカードですがくれぐれも口座残高には注意しましょう。